Rinna Character Platform

法人向けのAIキャラクター開発プラットフォーム

当社は、ディープラーニング技術を活用し、AIが文脈に応じた会話文を自動生成して人間と自然に会話する「共感チャットモデル」、AIが話し声や歌声で豊かな感情表現を可能にする「音声合成システム」などの技術を発表してきました。これらの最新技術は、当社が運営するLINEやTwitter上のAIキャラクター*「りんな」の開発に応用されています。
*AIキャラクター:会話内容や音声表現を自由にカスタマイズしてキャラクター性を持たせたAIチャットボット

Rinna Character Platformは、上記テクノロジーをビジネスにご活用いただくために、AIキャラクターを開発できる、法人向けのプラットフォーム製品です。2018年から提供を開始し、これまで計9社、約4000万ユーザーにご利用いただいています。

安心してご利用いただける「不適切な発言をブロックする機能」

会社のキャラクターとして安心してエンドユーザー様にご提供をいただけるように、不適切な発言をブロックする機能を備えております。

他社のAIサービスとも柔軟に連携

Rinna Character Platformでは、外部サービスと柔軟に連携できるアーキテクチャを採用しています。
これにより、自由会話の中にゲーム機能など(※別途開発が必要です)を取り入れてリッチなコミュニケーションができるAIキャラクターをより簡単に開発いただくことができます。

また、タスク遂行型AIサービスなど他社のソリューションとの連携を行い、実用的な機能を備えたAIキャラクターを作成することも可能です(※連携方法等、詳細については、こちらよりお問い合わせください)。

「Rinna Character Platform」の概要

少量の学習データでAIキャラクターを作成

Rinna Character Platformでは、当社が開発した最新のチャットエンジン「Style Transfer Chat(STC)」を用いて会話機能を実現します。
作り上げたいキャラクターの性格や口調を反映した少量の学習データを用いて、大規模データから構築した事前学習済みのモデルの追加学習をすることでSTCモデルとします。
追加学習により、キャラクターの口調や学習トピックを反映した会話ができるように、AIキャラクターを成長させることができます。

新開発のチャットエンジン「Style Transfer Chat」の概要

RCPパートナープログラム

Rinna Character Platformを通じたAIキャラクターの企画・開発・販売や、運用のコンサルティング等のパートナーネットワークを拡大しております。共に、AIキャラクターでお客様に成功をもたらすパートナー企業様を募集しています。
詳しくは、下記ページをご覧ください。